一生読み続けられ人生が豊かになるかも知れない二冊

松岡修造さんの本「まいにち、修造!」が売れているそうです。

日めくりカレンダーのように応援メッセージが詰まった本で見ると元気になれるとか・・・

つい最近、同じような本を二冊購入しました。

経営の神様松下幸之助氏と、今なお生き続ける中国古典の名言集です。

どちらも365日分の短編文章が書かれております。

何月何日とカレンダー形式になっているので、忠実に前後の日の文は目を通さずに当日の文だけを読むようにしています。

朝は松下幸之助氏の文章を読んで仕事に励み、就寝前は中国古典を読んで心を清らかにするように心掛けています。

一年後の今日は、恐らく読んだ内容を忘れているだろうから366日目から再び読み返えせます。

そのように何年も何十年も繰り返して読んでいればいずれ自分に吸収され、人生が少しは豊かになるような気がします。

その頃にはこの本の表紙はどのように指紋の年輪を重ねているのか楽しみです。

20150523-2