焙煎の香り

焙煎時のコーヒーの香りを楽しめるのは焙煎人だけの特権です。

煎り上がったコーヒー豆の香りは完成されたものですが、焙煎時はその過程で香りが常に変化します。

中でも好きなのが、青白い生豆がキツネ色に変化する時の甘い香りです。

この時はコーヒー屋さんではなく、ケーキー屋さんのような香りが店内に充満します。

不思議な事に焼きあがったコーヒー豆より焙煎中の方が各銘柄の個性的な香りがします。

何を焙煎中かわかるほどです。

画像では香りをお届けできないのが残念です。

20160528-1