ブルーマウンテンNO1の焙煎は緊張します

最近、ブルーマウンテン系のコーヒーが人気です。

店頭では昨年末、お正月用にご購入されたお客様がリピート買いされるケースと、通販では珍しくヤフーショッピングでの上位にランクされているためと思われます。

そのため、年末と同じようなペースでブルーマウンテンNO1を焙煎しています。

ご存知のようにブルーマウンテンNO1はとっても高価なため、焙煎するときはいつも緊張してしまいます。

もちろん他のコーヒー豆の場合も緊張というより集中はしていますが、過去にブルーマウンテンNO1の焙煎を失敗したトラウマが残っているのかもしれません。

当時は現在より価格は全然安かった時代ですが、やっぱり高級品なだけにショックでした。

焦がして苦くなったブルーマウンテンNO1を贅沢にも何日も家飲みしたものです。

今ではテイスティングのためにちょびっと試飲する程度です。