単品焙煎するブレンドコーヒーの意味

画像のコーヒー豆は春ブレンドです。

見た感じ、煎りムラのある品質の悪いコーヒーのように見えます。

これは、おのおの焙煎した2種類のコーヒー豆をブレンドしたものです。

薄い色のコーヒー豆はエクアドル産、少し濃いめがブラジル産のコーヒーです。

コーヒーにはそれぞれ風味のピークを迎える焙煎の度合があります。

エクアドル産(ナチュラレッサ)は、浅目に煎るとウマ味が出て、これ以上煎ると苦味だけのコーヒーになってしまいます。

ブラジル産(ダテーラ農園)は、浅目だと渋味が残ってしまい、これくらいの焙煎で甘味とコクがピークを迎えます。

もし、この2種を生豆の状態でブレンドし、一緒に焙煎すると・・・どちらかがダメージを受けます。

フォレストのブレンドコーヒーはすべて単品焙煎したコーヒーを、おのおのブレンドしています。(アフターブレンド)

その場で焙煎するコーヒー屋さんや大手企業は生豆混合焙煎が主流です。

単品焙煎は、手間は2倍かかりますが、手間を惜しんでは美味しいコーヒーは作れません。

ちょっと宣伝でした・・・