反省記

先月は長々お休みしてしまい大変ご迷惑をお掛けいたしました。

17日間の入院を経て、今日でやっとギブスが取れ、少しづつ接客ができるようになると思います。

今回のケガはお客様はじめ、多くの方々にご迷惑をかけてしまい、本当に反省しております。

店長ブログも「ハセツネ2017出場して来ます」からストップしていますので、大方察しが付くと思いますが、そのレースの最中にケガをしてしまいました。

スタートしてわずか3時間ほどの午後4時ころ、何の変哲もない緩い下り坂で足を滑らしバランスを崩して左足首を骨折(脱臼骨折)してしまいました。

「パキッ」と木を折るような音がしたので、すぐに骨折と思い左足の着地を避け転がり込みました。

その瞬間は痛みは感じなかったのですが、足先があらぬ方向を向いていたので、後からくる選手に助けを呼ぶようお願いし、寝転がって救助を待ちました。

その後、通過する選手の中に医師の方がおられテーピングで救急処置をしていただき、(お名前を伺う余裕もありませんでした)、また他の選手からは保温用のレスキューシートを分けていただいたり。

また、救助を待つ間、スタッフの方が痛みで気を失わないよう、ずっと話しかけてくれたりと本当にお世話になりました。

山中の事故のため救助隊(消防隊)に救助されたのは約5時間後の午後9時ころ、その後病院へと救急搬送となりました。

このように私一人のケガのために多くの方々がかかわる事態になってしまいました。

山の中では自力で動けなくなるような事故は決して起こしてはいけません。

今回の事故を教訓にトレイルランニングはもちろん、登山等山行の安全を呼びかけたりと、何らかの形で恩返ししたいと思っております。

ケガは一瞬、治療は長期間、一歩一歩を確実、安全に!

(入院中、病棟から撮影した富士山です)