【夏季限定】グァテマラ・フレンチロースト(深煎り)

販売期間:6/1~8/31

三つの火山に囲まれた世界遺産の街アンティグアは、硫黄分を含んだ火山性の土壌で芳醇な香りを持つコーヒー豆を育みます。

そのアンティグア産のコーヒー豆を夏季限定で深煎りに仕上げてみました。

浅煎りでは蘭の花のような甘くやさしい香りが、深煎りではかぐわしく妖艶な香りへと変化します。

まさに癒しのアロマ。

ホットコーヒーはもちろん、アイスコーヒーでもその魅力は失われません。

■産地
グァテマラ共和国 アンティグア地区
アルト・デ・メディナ農園
規格:SHB
品種:ブルボン・パカス
標高:1300~1600m

■風味バランス
酸味×
苦味●●
甘味●●●
コク●●
香り●●●●

■価格(税込)
100g:594円
150g:891円
200g:1080円
300g:1620円
500g:2570円

コーヒーの産地紹介「グァテマラ」

国土のほとんどを占める山岳地は豊かな自然環境に恵まれた地域。山肌に沿うようにコーヒーの木が植えられています。そのため機械が入らず、グァテマラは完熟した豆を手摘みするのが一般的。高地産のためギュッと締まった豆に美味しさが詰まっています。グァテマラでもアンティグア産のコーヒーは、硫黄分を含んだ土壌から生まれる独特のアロマが評価され、世界でもプレミアが高くGenuine Antiguaとしてのブランドを築いています。アンティグア地域は周辺から流入が耐えないため、生産者協会が同地区産のコーヒーである証明(SGS証明)を発行しています。