適正な焙煎とは

浅煎りは酸味が、深煎りは苦味が強いと一般的に言われますが、それは単純な焙煎の過程に過ぎず、焙煎しだいでは浅煎りでも苦く(渋く)深煎りでも酸味(すっぱく)を感じるコーヒーが生まれてしまいます。

コーヒーの生豆にはある種の毒素があり、これらは加熱により無毒化し飲用に適するようになります。(参考:植物の特性から見たコーヒー焙煎の意味)この加熱作業がコーヒーの適正な焙煎です。

焙煎、つまり加熱が不十分もしくは過度になると嫌な酸味や苦味が生まれてしまいます。目的の煎り具合を決め、適正な焙煎を施せば浅煎りでも深煎りでも(無毒化された)まろやかで飲みやすいコーヒーが生まれます。適正な焙煎の過程で考えると、目的の浅煎りの次は中深煎りでもなく深煎りでもなく失敗なのです。