カフェ・ラテとカフェ・オ・レの違い

たまにお客様と話をしていて「カフェ・ラテ」と「カフェ・オ・レ」の違いを聞かれます。ネットで調べてみると、どちらも「コーヒー&牛乳」となるそうで・・・決定的な違いは「カフェ・ラテ」(正確にはカフェラッテ/CAFFELATTE)はイタリア語。「カフェ・オ・レ」(正確にはカフェ・オーレ/CAFFE AU LAIT)はフランス語です。

最近は「ラテ」なんて言う日本語も生まれているような・・・

お店によっては「カフェ・ラテ」はエスプレッソコーヒーを使い、「カフェ・オ・レ」はドリップコーヒーを使うと説明されているところも多いようです。しかし、これらの言葉が出来た頃はエスプレッソマシンなんて無い時代。

イタリアもフランスもストーブの上にナポリターナポットやモカポットを置き、出来上がった熱々のコーヒーにミルクを注ぎ入れて楽しんでいました。きっと心から温まるような「コーヒー牛乳」だったのでしょうね。