ボストン・ティーパーティー(茶会事件)

ボストン・ティーパーティー(Boston Tea Party)コーヒーコラムなのになぜティーパーティー?とお思いでしょうが・・・実はこの「ボストン ティーパーティー」別名「ボストン茶会事件」は、アメリカの独立とコーヒー大国アメリカ誕生のきっかけとなった大事件なのです。

当時、イギリスの植民地であったアメリカではコーヒーよりも紅茶が大量に消費されていました。もちろん、紅茶の輸入先は本国イギリス。ところがオランダやフランスにコーヒー貿易の遅れをとったイギリスは、対アメリカの紅茶に対して重税を課し独占する条例を出しました。

結果アメリカ国内での紅茶価格が暴騰し、安い密輸入の紅茶が広まって行ったのです。やがてイギリスからの紅茶輸入量は激減し、余剰在庫を抱えてしまったイギリスでは今度は関税を一気に無税にし紅茶を売付けようとしました。これに大反対したのはもちろん「密輸業者」。ついに1773年12月16日、ボストン港に停泊しているイギリス船舶を夜襲し積荷の紅茶をすべてボストン湾に投棄してしまいました。

これが「ボストン ティーパーティー」と呼ばれる事件。この事件をきっかけに本国イギリスへの不満が爆発し、やがて独立戦争へと発展して行ったのです。さらに反イギリス感情は「紅茶は非愛国的飲み物」と、コーヒーの消費に拍車をかけ、アメリカは世界一のコーヒー大国となりました。さて、その当時のボストン湾の海、いったいどんな香りがしたのでしょうか?現代では海洋不法投棄ですね。

ナポリターナ・ポット(マキネッタ)

知る人ぞ知る、イタリアはナポリ地方の家庭用コーヒー器具、別名「マキネッタ」形状は家庭用のエスプレッソに似て金属製でハンドルが付いています。エスプレッソと決定的に違うのが、抽出の方法! 上下2つの構造になっていて、コーヒー […]

コーヒー豆の上手な保存方法

お店によって保存方法の呼びかけもまちまちですが、当店では密封容器に入れて冷暗所(戸棚の奥など)での常温保存をおすすめしております。 コーヒー豆(粉)の大敵は「湿気」と「高温」この2点を避ければある程度おいしさを保った長期 […]

軟水と硬水で違うコーヒーの味

水はおおまかに「硬水」と「軟水」に分けられます。日本では、ほとんど「軟水」ですが石灰岩の多い地帯や沖縄の水道水は、硬水や硬水ぎみの水も多いそうです。一般的に西日本では硬度が高く東日本では低い傾向にあります。 硬水で淹れた […]

店主直伝!コーヒーブレンド手法

コーヒーのブレンドって難しいと思っていませんか?確かにすべての方に満足して頂けるブレンドを作るのは至難の技です。しかし、個人で楽しむコーヒーのブレンドはルールも何もありません。幾つかのポイントを押さえれば簡単に作れます。 […]

フランス田舎風カフェオレ

フランスの田舎では薪ストーブを利用してカフェオレを作ります。都会ではストーブの無い家庭も多いでしょうが、薪ストーブは暖房器具となったり調理器具となったり大活躍。 ストーブの上部は平らになっていて、ポットや手鍋が置けるよう […]

トリノの名物コーヒー「ビチェリン」

イタリアの都市トリノ(Torino)はヨーロッパにチョコレートが広まった中心的都市です。そのトリノの名物的ドリンクが「ビチェリン(Bicerin)」と呼ばれるホットチョコとコーヒー、ミルクを見事に三層にしたドリンクです。 […]

カフェ・ラテとカフェ・オ・レの違い

たまにお客様と話をしていて「カフェ・ラテ」と「カフェ・オ・レ」の違いを聞かれます。ネットで調べてみると、どちらも「コーヒー&牛乳」となるそうで・・・決定的な違いは「カフェ・ラテ」(正確にはカフェラッテ/CAFFELATT […]

ウィンナーコーヒー

オーストリアの首都ウィーンの名を取ったアレンジコーヒー。日本では深煎りコーヒーにホイップクリームを浮かべたメニューが一般的ですが、実際には多彩なメニューがあります。 ■アイン・シュペナー(コーヒー+ホイップクリーム) ■ […]

ボストン・ティーパーティー(茶会事件)

ボストン・ティーパーティー(Boston Tea Party)コーヒーコラムなのになぜティーパーティー?とお思いでしょうが・・・実はこの「ボストン ティーパーティー」別名「ボストン茶会事件」は、アメリカの独立とコーヒー大 […]