コーヒー豆の上手な保存方法

お店によって保存方法の呼びかけもまちまちですが、当店では密封容器に入れて冷暗所(戸棚の奥など)での常温保存をおすすめしております。

コーヒー豆(粉)の大敵は「湿気」と「高温」この2点を避ければある程度おいしさを保った長期保存が可能です。理由は、冷蔵・冷凍は管理のしかたで腐敗(カビ)の危険を伴うからです。例えば、密封式のスチール缶で冷蔵・冷凍庫へ入れた場合、コーヒーを淹れる時、高温多湿の室内でフタを開けると一瞬にして缶の内側が結露を起こします。器具にセットした後、再びフタを閉じて冷蔵・冷凍庫へ入えると、缶の内側に出来た水滴がコーヒー豆(粉)に移ります。(湿度の平均化)

再び、冷蔵・冷凍庫から取り出し・・・もうお解りですね。豆の場合は冷えた豆とミルが接触し結露しやすく不潔になりがちです。コーヒーの味や香りを失う「高温」よりも変質する危険のある「湿気」の方が怖いのですもちろん、封を開けずにそのまま長期保存なされる場合は冷蔵・冷凍庫でもよろしいでしょうね。

◆常温保存のコツ
★冷暗所(戸棚の奥など)で保存

◆冷蔵・冷凍保存のコツ
★冷蔵・冷凍保存は出し入れ時の結露に注意!
★極端な場合はの腐敗(カビ)の危険性も!

ナポリターナ・ポット(マキネッタ)

知る人ぞ知る、イタリアはナポリ地方の家庭用コーヒー器具、別名「マキネッタ」形状は家庭用のエスプレッソに似て金属製でハンドルが付いています。エスプレッソと決定的に違うのが、抽出の方法! 上下2つの構造になっていて、コーヒー […]

コーヒー豆の上手な保存方法

お店によって保存方法の呼びかけもまちまちですが、当店では密封容器に入れて冷暗所(戸棚の奥など)での常温保存をおすすめしております。 コーヒー豆(粉)の大敵は「湿気」と「高温」この2点を避ければある程度おいしさを保った長期 […]

軟水と硬水で違うコーヒーの味

水はおおまかに「硬水」と「軟水」に分けられます。日本では、ほとんど「軟水」ですが石灰岩の多い地帯や沖縄の水道水は、硬水や硬水ぎみの水も多いそうです。一般的に西日本では硬度が高く東日本では低い傾向にあります。 硬水で淹れた […]

店主直伝!コーヒーブレンド手法

コーヒーのブレンドって難しいと思っていませんか?確かにすべての方に満足して頂けるブレンドを作るのは至難の技です。しかし、個人で楽しむコーヒーのブレンドはルールも何もありません。幾つかのポイントを押さえれば簡単に作れます。 […]

フランス田舎風カフェオレ

フランスの田舎では薪ストーブを利用してカフェオレを作ります。都会ではストーブの無い家庭も多いでしょうが、薪ストーブは暖房器具となったり調理器具となったり大活躍。 ストーブの上部は平らになっていて、ポットや手鍋が置けるよう […]

トリノの名物コーヒー「ビチェリン」

イタリアの都市トリノ(Torino)はヨーロッパにチョコレートが広まった中心的都市です。そのトリノの名物的ドリンクが「ビチェリン(Bicerin)」と呼ばれるホットチョコとコーヒー、ミルクを見事に三層にしたドリンクです。 […]

カフェ・ラテとカフェ・オ・レの違い

たまにお客様と話をしていて「カフェ・ラテ」と「カフェ・オ・レ」の違いを聞かれます。ネットで調べてみると、どちらも「コーヒー&牛乳」となるそうで・・・決定的な違いは「カフェ・ラテ」(正確にはカフェラッテ/CAFFELATT […]

ウィンナーコーヒー

オーストリアの首都ウィーンの名を取ったアレンジコーヒー。日本では深煎りコーヒーにホイップクリームを浮かべたメニューが一般的ですが、実際には多彩なメニューがあります。 ■アイン・シュペナー(コーヒー+ホイップクリーム) ■ […]

ボストン・ティーパーティー(茶会事件)

ボストン・ティーパーティー(Boston Tea Party)コーヒーコラムなのになぜティーパーティー?とお思いでしょうが・・・実はこの「ボストン ティーパーティー」別名「ボストン茶会事件」は、アメリカの独立とコーヒー大 […]