在来品種のコーヒーとは

在来品種のコーヒーとは

在来品種のコーヒーとは

在来品種のコーヒーとは、自然界に自生していた頃から人為的に品種改良されずに受け継がれたコーヒーの木の子孫です。

コーヒーは、原産国エチオピアから世界のコーヒー産地に栽培が広がりました。その過程で環境に合わないものは枯死し、合ったものだけが残りコーヒーの実をはぐくみ子孫を残してきました。見事に残ったそれらのコーヒーは、原産地とは違う環境に長年かけて適応したために栽培地でまったく違った風味を生み出します。

それが在来品種の最大の魅力で、ブルーマウンテン、モカ、キリマンジャロ・・・など、すべて産地が異なると風味が違う理由です。