手間のかかる在来品種の栽培

手間のかかる在来品種の栽培

手間のかかる在来品種の栽培

意外に思うかもしれませんが、在来種のコーヒーの木は直射日光を嫌います。ご家庭でコーヒーの木を育てていて、夏の直射日光に当て枯らした経験のある方も多いと思います。そのため、コーヒーの栽培には、背丈の高い木を植えて木陰を作ってあげることが必要です。(シェードツリー)

しかし、そのような状態では機械化できずに栽培にとても手間がかかってしまいます。そのためにコーヒー生産地では、シェードツリーを必要としない直射日光に強いコーヒーの品種改良が盛んです。