自然を保護する在来品種の栽培

自然を保護する在来品種の栽培

自然を保護する在来品種の栽培

品種改良が進むにつれ、栽培地に不要となったシェードツリーは伐採されます。一面にコーヒーの木が並ぶ姿は壮観ですが、そこには自然の食物連鎖は生まれません。病害虫が拡大しやすく、農薬の使用を余儀なくされます。また、同じ種は同じ栄養素を吸い上げるため土壌が痩せ化学肥料が必要になります。

在来種のコーヒーはどうでしょうシェードツリーを植える事によって、そこは多種多様な動植物が育ち、自然と食物連鎖が生まれ、やがては森になります。害虫が生まれてもクモや鳥がつばみ、落葉や動物の排泄物は肥料となり、ますます森は豊かになります。在来品種のコーヒーを残すという事は、豊かな森を残すという大切な事なのです。