ペルー・フェアトレード焙煎しました

昨日、久しぶりにペルーの生豆が入荷しました。

アンデスのベロニカ山をデザインした可愛い麻袋です。

赤で(横)と書かれた漢字は恐らく「横浜便」と言う意味で運送屋さんが書いたのだと思います。

せっかくならガムテープに書いて貼ってくれれば良いのに・・・

さて、肝心のコーヒーはと言うと、生豆は綺麗で合格点、欠点豆も少なくハンドピックも苦になりません。

焙煎中もペルー独特のアーモンドに似た風味と、煎り上がりを知らせるパチパチと元気にはぜる音が心地よいです。

味は、カリッとしたアーモンド風味と、スッと抜ける後味がなんともドライな感じですが、しばらくするとチョコレートを食べた後のような甘い余韻が込み上げて来ます。

この感触は中米系のコーヒーとは違い、やっぱりペルーだけでしか味わえません。

焙煎後、数日経つとよりまろ味が出てきそうです。

ペルー・フェアトレード(浅煎り)モンターニャベロニカ

20160202-1

20160202-2

20160202-3