クリーミーな浅煎りマンデリンコーヒー

深煎りに続き浅煎りのマンデリンもリントン産TOBAKOになりました。

先ほど焙煎したばかりですが、さっそく試飲の感想です。

ひとくち口にして先ず感じたのが「クリーミー」な味わいです。

ふつう、焙煎したてはスモーキーで暴れた味を感じるのですが、それがありません。

そして冷めるとますますクリーミーさが増します。

刺激的なマンデリンの苦味をお好みの方は、はっきり言ってもの足りなさを感じるかもしれません。

多くのマンデリンが深煎りされて苦味主体のコーヒーになっているようですが、本来のマンデリンはこうあるべき、と認めていただけると嬉しいですね。

20161014-1