春ブレンドの由来

今日(2/28・水)は定休日ですが、月末という事で、いろいろと作業があり早朝から行っております。

その一つ、店内のPOPの架け替えです。

3月から春ブレンドが販売開始になりますので、そのポスターを掲げました。

春ブレンドは、保土ヶ谷に店舗があったころ作り出したブレンドコーヒーです。

※初公開?旧店舗

お店の前は桜並木になっていて、桜の季節になると見事な桜のトンネルができたものです。

その景色を眺めながらおいしく飲めるコーヒーをと作ったのが春ブレンドの始まりです。

当初、「桜ブレンド」というネーミングを考えたのですが、桜茶と混同され、桜の香りがするのではと誤解される懸念がありましたので、春ブレンドとネーミングしました。

桜の香りは一切しませんが、春らしいスッキリと軽快な風味のコーヒーに仕上げております。

現在は、その桜の木も老朽化でほとんど伐採され面影はなくなりましたが、コーヒーだけが思い出として残っています。

桜並木の想い出「春ブレンド」
https://www.nsforest.com/blend-coffee/haru-blend/

ご試飲もご用意いたしますので、どうぞお楽しみください。