グァテマラ・アンティグア


コーヒーの産地紹介「グァテマラ」

国土のほとんどを占める山岳地は豊かな自然環境に恵まれた地域。山肌に沿うようにコーヒーの木が植えられています。そのため機械が入らず、グァテマラは完熟した豆を手摘みするのが一般的。高地産のためギュッと締まった豆に美味しさが詰まっています。グァテマラでもアンティグア産のコーヒーは、硫黄分を含んだ土壌から生まれる独特のアロマが評価され、世界でもプレミアが高くGenuine Antiguaとしてのブランドを築いています。アンティグア地域は周辺から流入が耐えないため、生産者協会が同地区産のコーヒーである証明(SGS証明)を発行しています。