タンザニア・キリマンジャロ


コーヒーの産地紹介「タンザニア(キリマンジャロ)」

赤道下で万年雪を抱くキリマンジャロ山(キボ峰ウルフピーク=5895m)は、アフリカ平原にそびえ立つ世界屈指の独立峰です。その広大な南側スロープがキリマンジャロコーヒーの故郷、山麓にはキリマンジャロ山から吹き降ろす冷たい風っが絶えず雲を呼び、そこには豊かな森が広がりその中で香り高いコーヒーが栽培されています。キリマンジャロという名は知っていてもその産地がタンザニアという国だとは案外と知られていません。キリマンジャロ山は、ケニアとタンザニアの国境にそびえますが、キリマンジャロという名のケニア産のコーヒーはありません。キリマンジャロというコーヒーの名を勝ち取ったタンザニアですが、国名よりもコーヒーの名の方が知名度が上がるといった何とも皮肉な結果となりました。ちなみにタンザニアの首都は、法律上は「ドドマ」ですが、事実上の首都は旧首都の「ダルエスサラーム」です。