フォレストのコーヒー焙煎

コーヒーは、素材である生豆と焙煎で味が決まります。フォレストでは昔ながらの釜の余熱を使い、浅めの焙煎を行っています。するとこげ臭くなく、まろやかな口あたりでコーヒーの繊細な風味を楽しめます。

素材に「おまじない」をかけて

素材に「おまじない」をかけて

コーヒーの生豆選択は風味創造のベース。

高品質な生豆は高価ですが、それだけの期待に応えてくれます。

エメラルドのような生豆をハンドピックという作業でさらに磨きをかけ、最後に「美味しくなあれ」とおまじないをかけ、焙煎作業に移ります。

 


昔ながらの釜を使った低温焙煎

昔ながらの釜を使った低温焙煎

コーヒーの酸味が苦手な方は多いかと思います。

深く煎れば酸味は消えますが、高温で煎りすぎると、こげ臭く苦いだけのコーヒーになっています。

浅煎りで酸味を少なくするには、温度を低く保ったまま時間をかけ焙煎を行います。

重厚な釜の余熱使い低温焙煎を施し、浅煎りでも深煎りでも煎りすぎず、繊細な風味を残しております。


浅煎りコーヒー豆

浅煎りコーヒー豆

低温で浅目に煎った薄い茶褐色のコーヒー豆は、苦味が少なく、まろやかで飲みやすい風味です。

産地ごとのコーヒーの繊細な特徴が活きますので、すべての産地のコーヒー豆をこの焙煎で仕上げております。

フォレストの得意とする焙煎です。


深煎りコーヒー豆(フレンチロースト)

深煎りコーヒー豆(フレンチロースト)

コーヒー豆の色は濃い茶褐色、苦味とカラメル化した独特の香味が現れます。

深煎りでも低温で煎り上げておりますので、コゲ臭くなくクリアな苦味をお楽しみいただけます。

似た風味になりやすいので、特徴の出やすいブラジル、コロンビア、マンデリンのみ焙煎しております。

低温、余熱焙煎の効果

口に残るような苦味は炭化(コゲ)が主な原因です。浅煎りにせよ深煎りにせよ過度な火力(高温)での焙煎ではコーヒー豆の表面が炭化してしまいます。仕上げ時に釜の余熱を使う事により焙焼温度を低く保ったまま酸味成分を甘味に変化させ煎り上げる事ができます。

左側:深煎り、右側:浅煎り、(コロンビア)

油の浮きが少ない低温焙煎

低温焙煎は深煎りでも油分の浮き出しが少ないのが特徴、数日かけてじわりと油が出て来ます。焙煎直後から脂ぎった高温焙煎のコーヒー豆は空気に触れるぶん油分が酸化しやすく、器具や容器を汚してしまいます。


左側:焙煎直後、右側:焙煎5日後、(深煎りコロンビア)